So-net無料ブログ作成

早く治って、ウミガメ悠ちゃん転地療養(読売新聞)

 サメに襲われて両前肢の一部を失った雌のアカウミガメ「悠ちゃん」が24日、徳島・日和佐うみがめ博物館カレッタから神戸市立須磨海浜水族園の大水槽に“転居”した。

 自然界に戻そうと、民間団体などが昨夏以降、神戸で人工ヒレの装着試験を実施。遊泳中の負担から両前肢が傷つくなどしたため、越冬も兼ねて昨年末に徳島に移され、治療を受けていた。

 今後は神戸で治療を続け、完全に回復した段階で改めて人工ヒレを試すという。水槽内をゆったり泳ぐ姿に、神戸市立高羽小3年の川副雛(ひな)さん(8)は「けがを早く治してね」とエールを送っていた。

普天間の危険性除去を…県民大会で仲井真知事(読売新聞)
TカードVS.Ponta どっちが得!? 共通ポイントカード市場が活性化(産経新聞)
鳩山首相不起訴は「妥当」=偽装献金事件−検察審査会(時事通信)
谷垣氏「軽い認識で国民愚弄」 首相「ご懸念ご不要」(産経新聞)
ネット選挙、参院選解禁目指す=与野党(時事通信)

春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)

 穏やかな春の陽気の翌日は、一転して真冬並みの寒さに――。

 この春は気温の乱高下が激しく、16日も東京都心は朝から冷え込み、予想最高気温は約7度にとどまる。天候不順で野菜が値上がりし、都心のデパートではコートの売り上げがアップ。気まぐれな空模様が、春の商戦やイベントを左右している。

 「4月にコートを店先に飾るなんて、記憶にありません」。16日午前、東京・池袋の東武百貨店池袋店の婦人服フロアで、女性店員(28)はマネキンにトレンチコートを着せながら苦笑いした。

 このフロアでは百貨店の担当者が毎朝、気温をチェックしているが、最近は各店頭の飾り付けを、暑い日はノースリーブ、寒い日はコートなどにそろえるよう心掛けている。その結果からか、4月はコートの売り上げが前年同月比で約40%増になったという。

 気象庁によると、3月以降の都心の最高気温は、20度以上の日が9日あった一方、10度以下の日も7日に上った。この時期は例年、北からの寒気と南からの暖気がぶつかり、寒暖が繰り返される傾向にあるが、今春の激しい変化は、その寒気と暖気が例年より強かったことが影響している。

 南米ペルー沖の赤道付近の海面水温が異常に上昇するエルニーニョ現象などの影響で、日本の南側では高気圧が例年より強くなった。逆に日本の北側では、北極付近の気圧が例年より高くなった影響で、強い寒気が気圧の低い日本付近に流れ込みやすくなった。

 また、強い寒気と暖気がぶつかったことで、前線を伴う低気圧も多く発生し、西日本から北日本にかけて大量の雨と日照時間の減少をもたらした。

 季節外れの雪が降るところもあった。神奈川・箱根の山岳部では16日未明から降り出し、芦ノ湖周辺では約10センチもの積雪に。同県小田原土木事務所は「こんな時期に除雪するほど降るなんて、少なくともこの10年ほどはなかった」と驚く。標高877メートルの筑波山(茨城県)でも同日朝、270メートル付近の筑波山神社で雪が降ったという。

 ◆野菜高騰、ネギは2倍◆

 こうした気候の変調は野菜の成育を遅らせている。東京都中央卸売市場によると、大田市場(大田区)の4月2〜8日の市況では、千葉県産のネギが出荷量の減少に伴い、前年比で約2倍に高騰。神奈川県産のキャベツや埼玉県産のキュウリなど、多くの種類で値上がりした。

 野菜の値上がりについて、赤松農相は16日の閣議後の記者会見で、「(農家に)前倒しで早出ししてもらうよう、多少でも努力をしてもらう。値段の安定に努めたい」と述べた。

 これから桜の本番を迎える東北地方でも、4月に入って寒さが戻っており、イベントの動向を左右している。仙台市の桜の名所、榴岡(つつじがおか)公園(宮城野区)では、地元の実行委員会が花見のイベントを10、11日に企画したところ、桜の開花が間に合わなかった。

 一方、青森県弘前市の弘前公園では、ここ2年続けて開花が例年より早まり、5月初めには散っていたが、今年は寒さの影響で開花が遅れる見込み。同市の観光担当者は、「今年は桜のピークがちょうど大型連休にかかるので、たくさんの観光客に満開の桜を楽しんでもらえそう」と歓迎している。

券売機前で介護士殴る=陸自隊員逮捕−大阪府警(時事通信)
巨大こいのぼりのトンネルにウキウキ 墨田区役所(産経新聞)
大極殿 復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)
<火山噴火>日航、全日空が欧州便再開 旅行客らで成田混雑(毎日新聞)
家庭のライター、回収も検討へ=子供火遊び対策−消費者庁(時事通信)

主力製品ネスプの適応追加を発表―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)

 協和発酵キリンはこのほど、主力製品の腎性貧血治療剤「ネスプ」の、透析導入前の保存期への適応の追加承認を取得したと発表した。これにより、同剤の適応は透析施行中の腎性貧血から拡大、投与経路も静注投与に加え、皮下注投与も可能になった。

 腎性貧血は、慢性腎臓病(CKD)の合併症の一つ。これまでネスプは、腎不全で透析が導入された腎性貧血患者に、エリスロポエチン製剤(同社のエスポー、中外製薬のエポジン)から切り替えて使用されていたが、今後はCKDの病期に関係なく投与できる。

 競合薬のエポジンはすでに保存期の適応を持っている。



【関連記事】
がん性突出痛治療剤を承認申請―協和発酵キリン
久光とがん性突出痛治療剤を共同販売へ―協和発酵キリン
協和発酵キリン、中期経営計画を発表
糖尿病性腎症治療薬の開発・販売権を取得−協和発酵キリン
抗体医薬品の情報サイトを開設−協和発酵キリン

常用漢字改訂案、変更せず=「碍」は見送り−文化審(時事通信)
介護報酬不正請求で指定取り消し―青森の2事業所(医療介護CBニュース)
地裁執行官2人、無断設置カメラで職場監視(読売新聞)
天皇、皇后両陛下 宝塚歌劇を鑑賞(毎日新聞)
<教員人事権移譲>副文科相容認 大阪府11年度から実施へ(毎日新聞)

先生6割「心の不安」 大阪府の公立学校 勤務長い、仕事多い(産経新聞)

 大阪府内の公立小中高校、支援学校の教員のうち「こころの健康」に不安を感じている人が57・7%にのぼることが9日、府教委のアンケートで分かった。こころの病を理由に休職する教員が、この20年間で3倍に増加したことなどを受け、大規模な実態調査を実施。府教委は「6割近くの教員が不安を抱えていたのは想像以上。勤務時間などを検証したい」と話している。

 調査は、政令市の大阪市と堺市を除く府内の府立高校や支援学校、市町村立の小中学校の教員3千人を対象に昨年11月に行い、有効回答は81・7%だった。

 アンケートでは「こころの健康に不安を感じていますか」という問いに対し、全体の57・7%の教員が「強く感じている」「少し感じている」と回答。「全く感じていない」とした人は7・1%にとどまった。すべての校種で半数以上が不安を感じており、割合が一番多かったのは、支援学校(61・5%)だった。

 年代別では、50代が一番多く61・3%が不安に感じていた。年齢が下がるごとに減少しているものの、20代でも半数を超える51・6%が不安を感じているという。「だれかに相談したか」と尋ねた質問には「相談した」と回答した人は、20代で67・0%。一方、50代は44・4%で、年齢が高くなるにつれ、強く不安を感じているにもかかわらず、相談しない傾向があることがうかがえた。

 また、不安の原因を尋ねた質問では「勤務時間が長い、仕事量が多い」(36・3%)が一番多く、次いで「職場の人間関係や雰囲気」「保護者との人間関係」「児童・生徒との人間関係」と続いた。

 府教委に対して意見を求める欄には「相談ができる教員OBを配置してほしい」「しんどい先生がしんどいといえるあたたかい職場作り」といった記述があったという。

 府教委は「早い人では40代で教頭になる。年齢があがるにつれて、職場でも中心的な役割を果たし、責任が重くなることが、こころの問題にも影響しているのではないか」と分析している。

                   ◇

 教育評論家の尾木直樹法政大学教授の話「教員は子供と向き合う仕事なので心に不安を抱えた状態では不健康。教師が意地悪な指導をすることもありうると、親は安心して子供を預けられない。6割の教師が心に不安を抱えているのは重大な問題だ。ただ、勤務時間の長さなどの問題にはすぐにでも対策がとれる。手を打つなら今だ」

国内線も荷物検査簡単 関空、インラインスクリーニング開始(産経新聞)
比例当選で新党、批判は承知=「たちあがれ日本」の与謝野氏(時事通信)
25年以降 「子ども手当」半額継続なら 増収は2割程度 (産経新聞)
防衛相「(米軍施設は)迷惑施設」 参院外防委で(産経新聞)
<選挙費用>未払いのまま連絡取れず…落選の国民新党候補(毎日新聞)

私立中学にも独自助成へ=全国初、高校無償化受け同額−鳥取知事(時事通信)

 鳥取県の平井伸治知事は2日の定例記者会見で、高校の授業料実質無償化法の成立を受け、子どもを私立中学校に通わせる世帯に、同法で定めた私立高校への就学支援金と同額を県独自で助成する考えを明らかにした。早ければ6月定例県議会で予算を計上する考え。同県によると、私立中学生世帯への助成は全国初、という。
 対象は、県内の私立中学校2校の生徒約210人。世帯の所得に応じて月額9900円〜1万9000円を助成する考え。予算規模は約3000万円となる見込み。
 平井知事は「義務教育なので平等に教育を受ける権利がある。今の法律では制度的な穴があり、整合性を図りたい」としている。 

【関連ニュース】
6月に若者支援ビジョン=政府
高校無償化法が成立=民主の重要施策、1日から施行
高校無償化法案を可決=4月から施行
大学生への「給付奨学金」創設を=経済力による格差是正
朝鮮学校、結論は夏以降に=高校無償化で

地元の了解「政府に任せて」=岡田外相、米国防長官に約束(時事通信)
【健康】増える「非びらん性」胃食道逆流症 難しい診断 治療手探り(産経新聞)
防犯カメラ設置で痴漢被害半減…JR埼京線(読売新聞)
田園調布駅で扉開け忘れ(産経新聞)
<民主党>特別会計の検証開始 5月に提言へ(毎日新聞)

<訃報>細川益男さん85歳=ホソカワミクロン会長、前社長(毎日新聞)

 細川益男さん85歳(ほそかわ・ますお=ホソカワミクロン会長、前社長)3月31日、肺炎のため死去。葬儀は近親者で済ませた。お別れの会を後日開く。喪主は長男で元社長の悦男(よしお)さん。

 1997年の菊花賞を獲得した「マチカネフクキタル」など、「マチカネ」を冠した競走馬の馬主としても知られた。

<独禁法違反容疑>ジョンソン・エンド・ジョンソン立ち入り(毎日新聞)
10年度診療報酬改定、4月実施危ぶんだ時期も(医療介護CBニュース)
空き巣のベランダから隣へ 新手の空き巣横行 昨年から大阪市内で20件(産経新聞)
普天間政府案、首相は月内一本化こだわらず(読売新聞)
民主支持の茨城県医師会長が初当選、日医会長選(産経新聞)

米国製「抱っこひも」、窒息死事故受け回収 福岡の輸入会社(産経新聞)

 福岡県の輸入販売会社「ルミカ」が、米国の人気ベビー用品ブランド「インファンティーノ」の袋状の抱っこひも「スリングライダー」約3700個を自主回収すると発表した。

 米国で乳児3人が窒息死する事故があり、米消費者製品安全委員会(CPSC)が4カ月未満の乳児への使用中止を警告したことを受けての措置。米国とカナダではすでに計約101万個の回収が始まっている。

 CPSCによると、米国で死亡したのはいずれも首がすわっていない生後4カ月未満の乳児。顔が布部分に覆われて呼吸ができなくなったり、布の中で体が丸まってあごや胸が圧迫されて呼吸困難な姿勢になったりすることなどが原因とみられる。

 日本では平成19年10月から主にインターネットや雑誌の通信販売で売られた。購入者には代金を返金する。問い合わせはルミカ、フリーダイヤル0120・003930。受け付けは土日祝日を除く午前10時〜午後4時。

【関連記事】
「いつでも受講…できない!」英会話学校に業務停止命令
衛生管理要領なしが半数 ネイルサロン調査
キャリーバッグ衝突事故多発 駅利用者は注意を
難民支援うたう社債商法急増 一部は訴訟に発展
マスク「ウイルスカット99%」過大表現に行政指導へ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

政令市・相模原スタート、全国19番目…神奈川(読売新聞)
首都圏JR 架線トラブル 一時大混乱 4700人が列車内すし詰め(産経新聞)
JR西歴代3社長 起訴へ 遺族「これで言葉聞ける」(産経新聞)
線路にアンテナ投げ込まれる…山手線事故(読売新聞)
小泉被告、あす判決 元次官ら連続殺傷(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。